Googleの検索「含まれない:横棒」大事なキーワードが含まれないときの対処・解決法

スポンサーリンク

そのワードがキーワードなんだよ、グーグルさん!

 複数語句の検索結果で、下の画像のようにせっかく指定して文字が含まれない結果で検索結果が出てくる時があります。僕の経験では、3つ以上の語句で調べたときに、一つだけ含まれない結果が表示されていることがあって、「そのワードがキーワードなんだよ、グーグルさん!」って思ったことが何度もあります。全てのキーワードを含む検索結果が少ない場合や、専門用語を検索したときなどに発生します。

 Googleとしては、キーワードを元に検索意図を推測し、この情報なんじゃない?ってことで検索結果を表示してくれているわけですが、その機能が完璧ではないので、このようなことが起こります。

全てのキーワードを含むための対処方法

①【検索前】キーワードに、「”」を付ける

 検索する際に重要なキーワードがある時には、下図のように、検索結果に必ず含んで欲しいものには、「”」(半角ダブルクォーテーションマーク)で囲んで検索します。その語句は必ず含んで検索をしてほしい時には、「”」で囲うとその検索ワードが重要なんだと判断してくれます。

②【検索後】ツールから、完全一致を選択

 検索した結果、含まれない:横棒 がたくさん出てきてしまった!という時には、検索結果を絞り込んで、含まれない検索結果をなくすことができます。下図のように検索結果の上部にツールボタンがありますので、これをクリックし、「すべての結果」の部分をクリックすると、「完全一致」という項目が出てきますので、そちらをクリックすると、検索結果には全てのキーワードが含まれたものだけが表示されます。

 上記の方法については、パソコンでもスマホでも同じです。スマホでも、同じ方法で対処できます。

 調べてみると、このような検索結果に意図しない結果が表示されている問題はかなり以前から話題になっています。Googleとしては検索結果をどうするればユーザーにとってメリットがあるのかを試行錯誤している最中です。