オッサン向け?の自転車用アシストギア

スポンサーリンク

 日頃、自転車での移動をかなりしているけど、「アシスト自転車はかっこ悪い」と思う、元スポーツマンの僕。今では、電動アシスト自転車が広く普及しているので、多くの人がアシスト自転車はかっこ悪いと思う人は少ないかもしれません。

 また、電動アシスト自転車は充電が面倒ではないか?とか思う人がいたり。自宅に帰ってきたら、携帯充電するのと同じ要領なのにそう思っちゃうのは、バッテリーを充電器に挿すという一手間を面倒だと思う人だと思います。実際に使うとその利便性に離れられなくなっちゃいますが。

 そんな時代錯誤と言われるかもしれない絶滅危惧種の人たちにも、是非とも知ってほしいと思っているのが、「電池の要らないアシストギア」です。

 この商品を発売しているのが、ディスカウントショップのオリンピックです。ディスカウントショップがそんな自転車を発売?と思う方もいらっしゃるかもしれません。また、オリンピックは関東限定のようで、それ以外の地域の方は知らないかもしれません…。

 目からウロコのアシストギア「フリーパワー」は、下記の動画を見てもらえれば、イイかも!って思ってもらえると思います。

 「10年の開発期間を経て、ついに始動!」って、やっぱり一つの製品を完成するのに時間がかかるんだなぁ~とか、アイデア商品で10年の開発期間ってかかりすぎ?とか、様々な意見もあると思いますが、動画を見られてた方の中には、もうオリンピックに向かわれている人もいるかもしれません。

 動画の通り、自転車を漕ぐというのは、無駄にパワーを消費しているところがあるんだと気付かされます。それを上手にシリコーンに取り込み、そのパワーを使うという、この理系頭脳。文系脳の僕には、じっくり考えないとわからない。(っていうか、わかった気がするだけかもしれませんが)

 このフリーパワーを知ったのは、YouTubeでたまたま見た、AbemaTVの動画だったと思います。

持ち込み自転車にも対応!

 このフリーパワーの良いところは、持ち込み自転車にも取り付けてくれるところだと思います。部品代に+3,000円でおおよそ、12,000円からということで、このフリーパワーを今、持っている自転車に合体することができちゃいます。15,000円くらいの自転車でも、このフリーパワーを乗せることで、30,000円以下で、アシスト付きの自転車に乗れちゃいます。

 電動アシスト自転車までは必要ないけど、ちょっとあったら便利と思えるこの値段設定。さすがディスカウントストアだと思います。決して安くないけど、高くもないという値段。

寿命が3年というデメリットも

 デメリットと言っても、寿命が3年ということで、3年丸々は持たないことを考えると、2年くらいかな?と思われます。寿命があるのは気になります。クッション性の商品ですから、弾力性はどうしても落ちてきちゃうんでしょう。それに、電動アシスト自転車に比べれば、アシストのパワーは弱いですけれども、まだまだ若い世代にはこのくらいがちょうどいいと思います。

自転車屋さんに聞いてみた!

    自分の自転車を買ったOlympicではない、自転車屋さんのオッチャンに聞いてみました。オッチャンに知っている?って聞いたら、やっぱり知っていて、商品としては良いものだよ~。ってオッチャンも言ってました。でも、結局、ギアのメンテナンスはOlympicさんでやってもらわざるを得ず、うまいこと商売考えてるよね~、ということです。確かに、独占販売で単品で手に入れられないものなら、そこでメンテナンスも受けることになり、それ以外のメンテナンスもついでに!ってなりますもんね。

 結局、自転車のみの販売では自転車屋さんは儲からないし、メンテナンスで儲けなきゃですもんね。取付工賃が3,000円って、時間にしたら、30分かからないのに、掛かる人件費から考えれば、良い商売ですよね。

URL Link
Olympicの公式サイト
https://www.olympic-corp.co.jp/cycle/
Free Power PV(動画)
https://www.youtube.com/watch?v=UmTN5GK3IAY