iPhoneのキーボード設定を極めて、最速を目指す!【フリック入力派?キーボード派?】

スポンサーリンク

iPhoneの文字入力は、フリック入力派ですか?キーボード派ですか?
 僕は断然、キーボード派です!片手でフリック入力のほうが早いとおっしゃる方もいらっしゃいますが、それぞれの好みでそれぞれ最速の目指すために、iPhoneのキーボードの設定方法を解説します。

 iPhoneで、文字入力をしていると、時々、間違えて地球みたいなマークを押してしまい、フリック入力画面が出てきてしまう!日本語から英語への切り替えをもっとスムーズにしたいと思い、設定を見直しました。

iPhoneの【設定】→【一般】と進み、キーボードの項目をタップします。

下図のようにキーボードの設定画面が現れます。まずは一番上に【キーボード】をタップします。

 すると、下図のように現在登録されているキーボードの一覧が出てきます。僕は断然キーボード入力なのですが、日本語入力をしていて、間違って、地球みたいなマークをクリックして、元に戻すのに手間取ったりしていました。どうせ使わない、「日本語-かな」(いわゆるフリック入力)と、ほとんど使わない絵文字のキーボードは削除して、キーボード入力のみにします。

 フリック入力派の方は、不要なキーボード入力「日本語-ローマ字」を削除しましょう。ここで削除したキーボードは後で元に戻せますので、安心してください。(必要になったときには、「新しいキーボードを追加…」で復活できます)

削除の方法は簡単です。上記の画面で、不要なキーボードを左へスライドするか、もしくは、右上の「編集」ボタンをタップし、下図のように、削除します。

キーボードが二つだけになりました、入力の際に間違えてキーボードを切り替えても、二つしかないので、これですぐに元に戻せます!

キーボードの設定のビフォー、アフター

【チョイ技】
キーボード変更をする際は、地球みたいなマークをタップして変更できますが、マークを”長押し”すると上記のように一覧表示ができます。

不要な入力補助を削除してさらにスピードアップ

 キーボードの設定画面の下のほうに、入力補助の機能一覧があります。ここで不要な機能をオフにしておくと、さらに使いやすくなります。僕の場合、音声入力と、英語の自動大文字入力をオフにしています。音声入力をオフにすると、キーボードにマイクのアイコンがなくなり、音声入力ができなくなりますが、その分スペースキーの範囲が広がります。

【Caps Lockの使用】英語入力時に、上矢印を2回タップすると、大文字を連続入力できる機能です。
【文字プレビュー】入力文字を長押しすると、文字を大きくしてくれる機能です。
【ピリオドの簡易入力】英語入力時、スペースキーを2回タップするとピリオドが入力できます。

音声入力をオフにすると

 以上がキーボード入力のカスタマイズ方法になります。どんな風にカスタマイズするかによって、入力のしやすさも変わってくると思いますので、自分にあった入力方法を探し出してみてください。文字入力最速化への道が一歩進みます!