Evernote Webクリッパーの”特別な保存”について【Gmail・Amazon・LinkedIn・YouTube】

スポンサーリンク

Evernoteの公式サイトで、下記のような記事が掲載されています。

出典:Evernoteの公式ページ

https://help.evernote.com/hc/ja/articles/209125827-Web-%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%82%92%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%97

 上記のように、”Gmail・Amazon・LinkedIn・YouTubeなど”には、”特別なフォーマット”が用意されているということですが、特別なフォートマットってどのようなものか、実際に保存して確認をしてみました。

GmailをWebクリッパーで保存すると

 受信メールを開いた状態で、Webクリッパーのアドオンアイコンをクリックすると、Gmail用の特別なフォーマットで保存することができます。

受信メールを”特別なフォーマット”で保存してくれます。Evernoteの有料版(プレミアム以上)だと、メールアドレスが割り当てられ、そのメールへ転送することで保存ができます。メールを保存するということは同じですが、Gmailでの保存との違いは以下の通りです。

特別なフォーマットで保存するとスッキリしています
転送だと、メールそのまま感が…。

 上記、二つの画像は、上側が特別なフォーマットで保存したもの、下側はメールを転送して保存したものです。二つの比較では、メールのヘッダー部分がきれいに並べ替えられております。このおかげで、画面左側のいわゆるノートリストの部分の表示がきれいになっているので、転送して保存したデータをあとで修正する手間が省けます。

AmazonをWebクリッパーで保存すると

 Amazonの特別なフォーマットは上記の通り、カタログのようにきれいにクリップしてくれます。商品のタイトル、アドレス、評価、値段、画像(複数枚あるものも全て)、商品詳細(説明、詳細、付属情報)、カスタマレビューが全て保存されます。

 Amazonのサイトは、商品ページを印刷しようとすると、ぐちゃぐちゃになってしまって利用できないと思ったことがあるのは、僕だけではないはずです。一度、Evernoteに保存したあと、印刷すれば、スッキリと印刷できます。

 ちなみに、上記の画像の商品は、僕が欲しい、Osmo Mobile3(スマホ用の3軸ジンバル)です。

YouTubeをWebクリッパーで保存すると

 YouTubeについては、再生中の動画の画面で”特別なフォーマット”でクリップできます。

 動画のタイトル、視聴回数、公開日、サムネイル画像(動画の表紙)、概要欄の内容がクリップできます。概要欄については、改行が無くなってしまっているので、文字の羅列が長くなってしまうのが、残念なところです。(Amazonのクリップでできるのだから、YouTubeでも出来そうなものですが…。)

LinkedInをWebクリッパーで保存すると

プロフィール部分で”特別なフォーマット”が利用可能です。

 僕自身、あまりLinkedInは利用したことがないのですが、実際に登録をしてみました。LinkedInでのWebクリッパーはどんな時に使えるのか?の情報はほとんどなかったので、もしかしたら、利用者も少ないのかもしれませんが、個人のプロフィールをクリップするときに使えるようです。

 LinkedInを利用している有名人と検索したら、前アメリカ大統領のバラク・オバマ氏というのが、パッと見えたので、そちらのものです。自分のプロフィールをクリップしたら、アイコン化している自分の写真も取り込めました。オバマ氏の写真が取り込めていませんが、LinkedIn内で何か設定があるかもしれません。

”など”については、現在調査中です。

 公式サイトでの発表では、「Gmail・Amazon・LinkedIn・YouTube”など”特定の人気サイト」と、などとなっており、これ以外にももしかしたら、特別なフォーマットに対応したサイトがあるのかもしれません。また、ほかのサイトにおいて紹介されているところがなく、今後、改良されていくのかもしれませんので、期待したいと思います。