Evernoteで文字数の確認方法

スポンサーリンク

Evernoteをメモ帳代わりに使っており、ブログの記事を書く時には、Evernoteのメモ帳を参考にしながら、Googleドキュメントで文章にし、WordPressにコピー&ペーストしてブログを完成させています。以前の記事で、Googleドキュメントで文字数を常に表示する方法をご紹介しましたが、自分もこの方法を使って文字数を確認してブログにしていました。

Googleドキュメントで文字数を”常に”表示する方法

 Evernoteはかなり以前から使い込んでいるのですが、全てEvernoteだけで完結できればなぁと思い調べてみました。やっぱりあるんですね。後々検索したりとか、一元管理することでさらに楽になるのでは?と思います。手間のかかる方法でもないので、僕と同じような悩みのある方は是非とも、ご一読ください。Evernoteがさらに便利になりますし、上手に使うことで、時短にもなります。

Windows版の場合

 文字数を知りたいノートを開きます。画面の上部にあるツールバーの中から、[ノート(N)]を選択し、[単語・リソース数(W)]をクリックします。そうすると、Googleドキュメントと同じような形で、文字数などが表示されます。また、この画面では、行数や、ノートに含まれる画像、PDF、音声などの数も確認できます。Googleドキュメントよりも、項目も多く高機能とも言えますし、Googleドキュメントの方が、シンプルで分かりやすいとも言えます。 ただ、文字を打っていると、わざわざ、マウスを持って操作するのが面倒かもしれませんが、そんなときには、「Altキー」+「Nキー」を押したあと、「Wキー」を押せば、表示されますので、こちらのほうがかんたんかもしれません。


赤枠部分を選択します。

もっと簡単に常時、表示ができる!(追記)

 なんとな~く、Evernoteの[表示]→[ステータスバー]を押すだけで、ノートの下に文字数などが常時表示されます!やっと気づいた。

iPhoneやMacの場合

 iPhoneやMacの場合は、ノートを開いた時に、画面上の「…」の左にある、「iに○」のボタンを押して、ノートの詳細を表示します。そうすると、ノート作成日などとともに、文字数が表示されます。こちらの方がWindows版より、直感的で分かりやすいかもしれません。

この赤枠部分を選択します。

Androidの場合

 Androidのスマホの場合については、iPhoneなどと同じような操作でノートを表示している時に右上の「︙(・が縦に3つ並んだボタン)」を押し、「統計」というところから確認できます。

オンライン版の場合

 残念ながら、現在のところ文字数を表示するための方法はないようです。Evernoteのオンライン版も、オフィスオンライン版のWordでも同じように文字数の表示ができない状態なので、いつか改善してほしいと思います。

Evernoteを使い倒そう!

 僕はEvernoteはプレミアム版を利用しており、せっかくなので使い倒したいと思っているので、これからもEvernoteをドンドン使っていけるようにしていきたいと思っています。他の様々なソフトなどを使っての文字数の確認方法を調べていますが、今のところやっぱり、ダウンロード版のWordが一番最強。やっぱりMicrosoftのオフィスソフトってすごい。
(追記)Evernoteでも常時表示ができるので、やっぱりイイね!Evernote。

 Evernoteを使っている方で僕と同じような悩みを抱えている方がいらっしゃれば、その方のためになればと思います。Evernoteで文字数の確認ができるようになれば、わざわざGoogleドキュメントに移し替える手間もかかりません。ちょっと効率的に仕事ができるかなと思います。