特徴あるスキャンアプリを比較!

スポンサーリンク

Evernoteが基本なので、スキャンアプリはもちろん、「Scannable」です!

 PDFで保存するなら、「Adobe Scan」という話しをお伺いしたので、さっそくトライしてみました。せっかくなので、ほかにも使えそうな文書スキャン用のアプリがあればと思い、確認したところ、「Office Lens」というアプリもありました。

 僕の使用環境としては、iPhone6Sを使っており、サブとしてAndroidのASUSの端末も持っています。そして、文書や手書き文字のメモなどはすぐ無くすので、とりあえずカメラで読み込みという流れです。あとで、スキャンするものを探すときには、EvernoteにPDFのOCR機能がついているので、その機能で、検索をかける時もあります。

Scannable

Appstore
https://apps.apple.com/jp/app/evernote-scannable/id883338188

Android端末ではEvernoteを立ち上げ、新規ノートの作成でカメラを起動する。文書・ホワイトボード・名刺・写真を自動認識。

 iPhoneの場合、PDFか、画像(JPEG)で保存するか選択が可能です。無料のベーシックプランでは利用できませんが、Evernoteには保存してあるPDFをOCRで読み取り、その文字を検索することができます。読み込んだPDFを利用するのに今まで不満は無かったですが、Adobe Scanを使ったら、乗り換えたくなりました。(PDF化の精度はAdobe Scanが一番優秀です)

Adobe Scan

AppStore
https://itunes.apple.com/jp/app/adobe-scan-pdf-scanner-documents-receipts/id1199564834?l=ja
Google Store
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.adobe.scan.android&hl=ja

 保存先はAdobe社が提供しているクラウドストレージサービスの「Adobe Document Cloud」の中に保存されます。

 PDFの保存は一番、綺麗に保存されますが、Evernoteに入れておくことを考えると、保存先からいちいち貼り付けをしなければならないことを考えると手間かなと思います。また、PDFへ直接、注釈、署名の入力もスマホからでもできます。

 読み込む対象をホワイトボード、名刺、文書などから選択することで最適な読み込みをしてくれます。また、読み込んだPDFの文書をOCRで読み取り、文字データを文書の中に保存してくれるので、保存した文書を検索することも可能です。

Office Lens

GoogleStore
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.microsoft.office.officelens&hl=ja

Appstore
https://apps.apple.com/jp/app/microsoft-office-lens-pdf-scan/id975925059

 データの保存先はOneDriveに保存される。読み込んだPDFは写真をそのまま取り込んだような感じでシワなどが残っている。保存の形式はPDF、OneNote、Word、PowerPoint形式が選べます。Wordに直接保存できる機能があるが、枠線などが多用された文書だと、変換しづらいです。たとえば、FAX送信用紙みたいに線がはいっていることが多いものなどです。


まとめ(個人的な感想)

 数日、この3つのアプリを使い比べてみましたが、僕の普段遣いでは、やっぱり変わらずScannableが良いと思いました。最終的に全てEvernoteへ保存することを考えると、直接、保存できるScannableに軍配が上がります。

 Adobe ScanはPDFに保存することに関しては、一番優秀だと思います。カメラで撮影した文書を自動で綺麗にするための技術は一番素晴らしいです。

 また、Office LensはOneDriveをデータ管理の中心にしている人には最適だと思います。それぞれの良さがありますので、使い方によってアプリを使い分けるのが良いかもしれません。僕もPDF化したものを印刷することが想定される文書についてはAdobeScanを利用すると思います。