Evernoteがフリーズする

スポンサーリンク

Evernoteに画像を貼り付けるとフリーズする

 Windows版のEvernoteを使って普段から作業をしていますが、画像(写真)を貼り付けるときにいわゆるプチフリーズが発生します。画像を貼り付けているので、おそらく貼り付けるために画像をリサイズしたりするのに、時間が掛かっているのではないかと思っていますが、なかなかその原因は究明できません。

 Evernote自体、ノートの数が増えたりすると、どうしても動作が重くなったり、プチフリーズが発生することがありますが、そんなときでも大抵の場合、1~2分放置しておけば、もとに戻ってくれます。

 画像の貼り付け時にプチフリーズする問題は、Windowsのフォルダから貼り付けるときには、(デジカメの写真など)容量の大きいものをそのまま貼り付けるときだけでなく、Screenpressoというスクリーンショットや、デスクトップ上の一部の画面を保存するキャプチャソフトからそのまま貼り付けるときにはほぼ間違いなく発生します。

 さらに残念なのが、Screenpressoというキャプチャソフト自体も動作が不安定になってしまいます。本来であれば常駐してくれるソフトなのに、常駐できず、強制終了してしまいます。パソコンの性能の問題(Windows7)を利用しているということの問題点はあるかもしれませんが、このような画像貼り付け時のプチフリーズする方は多くいらっしゃるようです。

 Evernoteは画像を貼り付けたあと、気軽に注釈の追加が出来るので、このサイトの記事を書くのにも、大変重宝しています。画像編集用のソフトをわざわざ立ち上げなくても済み、簡単な作業内容はササッと編集できます。

 また、プチフリーズした場合としては、Excelで200行10列くらいの表を貼り付けたときです。3分ほど待っていたら、復旧しましたが、上記画像の貼り付けと同様に、大きなデータを貼り付けるとプチフリーズします。

画像の貼り付けだけでなく、どうしても重くなってきた際の対処方法としては、以下の二点があります。

Evernoteはフリーズするときの対処方法

ゴミ箱を空にする

 パソコンと同様にEvernote内で、削除したデータはすぐに完全に無くなってしまうわけではなく、ゴミ箱に保管されています。Evernoteの左サイドバーの一番下にゴミ箱があります。この中を整理すれば、使用容量が減るとともに、動作も軽くなります。

赤色の部分で、右クリックし、「ゴミ箱を空にする(E)」を選択すると下記のような警告のようなアナウンスが表示されます。

データベースの最適化

 もう一つ、Evernoteの動作を軽くする方法としては、「データベースの最適化」というものがあります。Windowsのパソコンでも、「ディスクのデフラグ」でHDDを最適化するのと似たようなものだと思います。色々と書き溜めたノートが増え続けると、数が多くなり、ノートブックでまとめ直したり、見た目はスッキリとしてまとまっていますが、データベース内ではまだぐちゃぐちゃのままだったりします。また、Evernoteは、ノートを全文検索できる機能もありますので、そのためにデータベースを整理して置く必要もあります。データベースを見直すことで無駄なく整理できて、動作が軽くなることがあります。

 パソコン内に保存されているデータベースを最適化するためには、以下の方法で実施可能です。ツールバーの「ヘルプ(H)」をCtrlキーを押しながら、クリックすると、様々なメニューが出てきます。その中の中央よりちょっと上あたりに「データベースを最適化」がありますので、こちらをクリックします。

 これで最適化が自動的に行われます。ノートの数が多かったり、最適化を行わずに使い続けていた場合、最適化作業に20~30分くらい時間が掛かる場合があるので、ご注意ください。