Googleフォトを使い倒す!【其の一】

スポンサーリンク

Googleフォトとは?

 Googleのサービスの一つで、画像と動画用のクラウドストレージサービスです。クラウド(cloud)=、ストレージ(stroage)=倉庫※クラウドストレージと同様の意味で、オンラインストレージという言い方もあります。スマホやiPhone内にデータを保存するのではなく、ネットワーク上にデータを保管するということです。

 スマホで撮影した写真などは、水没・故障などで電源が入らなくなってしまうと、データが取り出せなくなる可能性があります。撮影した写真をGoogleフォトに保存することで、機種変更をした際にも、次の端末でも見ることができますし、パソコンからも見ることができます。

利用方法

 Googleアカウントがあれば、iPhoneでも、Androidの端末でも下記からアプリを取得し、簡単な設定を行えば、すぐに利用可能です。
iOS/iPhoneユーザー用
https://apps.apple.com/jp/app/google-%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%88/id962194608
Androidユーザー用
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.google.android.apps.photos&hl=ja
PCからアクセス用
https://photos.google.com/?hl=ja

無料でどこまで使えるのか?

 Googleフォトは基本的には、無料で使えます。保存をする画像の容量が1600万画素、動画であれば1080p以下の動画であれば、無制限で利用できます。(ただし再圧縮されるので若干の劣化はあります)それ以上の画素数などで保存したいときには、Googleドライブの容量を利用するので、15GBまでは無料です。(それ以上、保存するには追加でストレージを購入する必要があります)

 スマホで撮影した画像や、コンパクトデジカメで撮った写真であれば、追加容量なしでじゃんじゃん保存しても追加料金はかかりません。また、画像は1600万画素、動画は1080p以上の画質で撮影したものでも、自動圧縮で保存と設定すれば、容量はかかりません。一般的な使い方をする場合であれば、無料でも全く問題なく使えます。

 Googleフォトだけでなく、Googleドライブ、G-mailなどと合わせて、大容量のストレージを利用したい場合は、以下の金額になります。(個人の場合)
15GB:無料
100GB:年額2,500円
200GB:年額3,800円
2TB:年額13,000円
(2019年7月現在)


 Googleフォトは画像や動画を保存するだけではなく、便利なサービスや機能があります。その中でも僕自身が使っていて便利な機能だなと思えるものを紹介します。

①アルバム(人物別、撮影場所別など)

 Googleフォトは写真の分類を大きく4つに分けてくれます。①全部表示(フォト)、②アルバム(人物別、撮影場所別、被写体別など)、③アシスタント(②のアルバムづくりのためのお助け機能)、④共有(他の人との共有を提案してくれます)

 このうち、②のアルバムの機能については説明すると、人物別では、同一人物ごとに写真を振り分けてくれます。子どもの写真だけを集めてくれるので、過去の写真から時系列で並べて、時系列の動画を簡単に作れたりします。また、友達の写真だけを集めてくれるので、④の共有でその友達と写真のデータを共有することもできます。また、撮影場所別に写真を集めてくれたりもします。

②アシスタント機能

 アルバムや、共有などを利用するため、こんなマトメはいかがでしょうかと提案をしてくれるのがアシスタント機能です。人物ごとでの振り分けでは、同一人物と思われる人の写真の数が増えてくると自動で写真を集めてくれます。撮影の被写体別にも振り分けてくれるので、「車」、「公園」、「森」などの撮影場所ごと振り分けもしてくれます。また、下の写真のような、「自動パノラマ」機能や、複数の写真を一つにまとめてくれる「コラージュ」機能もあります。

複数の写真を一つにしてくれる「コラージュ」機能
上記の写真をつなげて横長写真を作成してくれる「コラージュ」機能でパノラマ写真ができます!

③共有

 友達の写真がある程度の枚数になるとアシスタント機能で、共有しますか?と提案をしてくれます。また、自分で写真を選択して共有もできます。FacebookなどのSNSを利用して共有する方法もありますが、Googleフォトを使えば簡単に写真を共有できます。

Googleフォトでスマホの容量を確保

 僕のiPhone6Sの容量は32GBしかありませんが、必要なアプリを入れるだけなら十分です。アプリの容量を確保するためにも、写真や動画はとっとと、Googleドライブに保存してiPhoneから削除しています。

バックアップが完了すると、上記のように削除が可能なファイルがあるよ~と教えてくれます。

 Googleフォトにバックアップが完了すると、端末からファイルを削除して「空き容量を増やす」かどうだを尋ねられますので、削除します。iPhoneでは、削除した画像などは念のため、30日間は保存されているので、それも完全に削除することで容量を確保できます。

iPhoneの「写真」アプリを起動して、アルバムの一覧の中に、「最近削除した項目」というのがあるので、そこから削除した写真を全て選択し、削除すると完全に消えます。