NCSの意味を改めて調べてみた

スポンサーリンク

音楽を聴きながら、作業や勉強をするときも多いと思います。

YouTubeで音楽を流しながら、作業をしていて、いつの間にか、NCSEDMAlan Walkerさんなどの単語が頭の中に。

今一度、NCSって何?ってところから、調べ直してみました。

まずは、NCSってなに?

NCS…No Copyright Soundsの略で、

「著作権フリーの音楽」、「著作権がない音楽」とか言われていますが、理解しがたい。

YouTube上では無料で使えるフリー素材みたいなイメージで使われています。

「一定の条件をクリアーすれば、YouTube上で、BGMに自由に使っていいよ!」っていうのが、大枠みたいなようです。

著作権フリーだからと言っても、著作権は音楽を創った人にはあるわけで、NCSの音楽を勝手にCDにして販売したら、怒られる。

では、YouTube上で、BGMとして利用する際の一定の条件とは?

Youtubeの動画利用するときには、

[x]アーティスト名、曲名を記載する

[x]NCSということの表記

[x]曲のYouTube動画へのリンクを記載する

[x]NCSが提供するストリーミングサービスへのリンクを記載する

すごく簡単な条件で、動画を創るクリエイターさんとしては大変ありがたい話しですよね。

NCSってどうしてできた?

創設者はビリー・ウッドフォードというイギリス人。

2011年にYouTube上に「NoCopyrightSounds」というチャンネルを作ったことにはじまる。

その後、 https://www.ncsmusic.com/ というレコードレーベルに。

YouTube上のチャンネルは登録者数は2160万人以上(2019年4月末時点)で、まだまだ増えている。

YouTubeのNCSチャンネルについて

https://www.youtube.com/nocopyrightsounds

NCSチャンネルでは、下記の通り、動画中の右側にあるリングの色をジャンル分けをした上で、

ジャンルごとの再生リストもあるので、自分の気に入ったジャンルの音楽を聴き続けることもできます。

ジャンルの色分け

* 黄 = House

* 青 = Dubstep

* シアン = Melodic Dubstep / Chillstep

* 赤 = Drumstep

* 緑 = Trap

* 紫 = Deep / Future House

* ピンク = Drum & Bass

* 橙 = Indie Dance

* 白 = Electronic / Hardstyle / Future Bass / Miscellaneous Genre

* ミント = Glitch Hop

* 黒 = Bass House / Bass-step

音楽が詳しいわけでもなく、ジャンルごとの違いが説明できるわけではないですが、実際に聞いてみて、それぞれの好みを見つけてみて、聴いてください。