Adobe Acrobat Readerのバージョン確認を!

スポンサーリンク

 PDFファイルを縮小表示するための方法を記事にしたにも関わらず、複数台所有するほかのPCでは設定していなかったので、やろうと思って、悪戦苦闘。原因は、Adobe Acrobat ReaderⅩというバージョンの問題でした。あんでか気づかず、Ⅹを利用していました。もしかしたら、同じような境遇の方が、この記事をご覧いただければ、そうだ、そうだと共感してくれると思います。

Adobe Acrobat Readerのバージョンについて

 Windowsなら、10→8→7→Vista→XPとバージョンの歴史(流れ)は皆さんも分かると思いますが、PDFを見るためのAdobeのAcrobat Readerは正直、分からない。いつの間にかバージョンアップされてたり、されてなかったりと、もしかしたら、まだAdobe Reader Ⅹを使っている方がいるかもしれません。(というか、自分もその一人でした…。)

 以前、Windows7のパソコンをバージョンアップして、Windows10にアップグレードしたHP(Hewlett-Packard)のパソコンがどう考えても動作が重い!そりゃ、そうだ、Corei3の1.4GhzのCPUで、メモリ4GBで、HDDはSSDじゃないし!ということで、いつの間にやら、自宅に置きっぱなしになっていたものをどうにか動作が軽くならないかと、試行錯誤をしておりました。ちょっとましな状況になってきたので、使えるかな~?と思います。(今後、メモリを増設したり、HDDをSSD化しようと思いますが)

 そこでちょっとは使えるなぁ~と思って、しばらく使っていましたが、以前の投稿でPDFの縮小表示をするという方法をやろうと思って、何も考えずに設定をしてみようと思っても、できない?!おかしい、ネットでもう一度調べてみよう!と思い調べてみたり、色々チャレンジするものの悪戦苦闘。

でも、分からない…。なんでだろう?!

ふと、気づくと、「Adobe Acrobat Reader Ⅹ」ってなっている。

あれ?Ⅹって、DCより古いの?新しいの?ん?、おぉ?、Windowsなら、皆さんも知っていると思いますが、Acrobat Readerのバージョンって?!よく分からない。調べてみたら、古い。

Acrobat ReaderDCへアップグレード

 Acrobat Readerって自動で最新のバージョンにアップデートされない?!ちなみに、Wikipediaによると、Ⅺもあるらしく、全然記憶にない。また、Ⅺまでは、Adobe ReaderでDCからはAcrobat Readerという名称になったとのこと。

Acrobat ReaderDCのダウンロード先
https://get.adobe.com/jp/reader/otherversions/

 どっちにしても、PDFを見るためのソフトとして、ずっとお世話になってきたAdobeの製品を知らなすぎました。猛省しつつも、さっそく、DCへアップグレードし、下記の記事にも書いた手順で、縮小版を表示できるようになりました。

過去の記事です。

アップデートも忘れずに!

 もし、Adobe ReaderⅩや、Ⅺを使っている人で、縮小表示がしたくて、このページへ来られた方は、是非ともDCへアップグレードしてください。

 アップグレードし、縮小版を表示できるようになったあと、なんとなくツールバーをポチポチとしていたら、アップデートの有無をチェックという項目があったので、チェックしてみたら、アップデートがありました!(新しいバージョンをいれただけでは最新にはならないようで、必ずアップデートも行ってください)

ツールバーの「ヘルプ」から、「アップデートの有無をチェック」
必ず、最新バージョンへアップデートを!