Vimeoのテストで動画を張り付けてみたり、設定を色々試してみた!

スポンサーリンク

動画を公開して広告収入を得ようとするYouTuberであればもちろん、この状態でいいんだけれども、YouTubeはポリシーとして一部の人にしか見られない動画は禁止されているということで、Vimeoはどちらかというと法人向けのサービスなんだろうとなんとなく想像していた。

調べてみると、確かに法人向けとしては良いかもしれないと思ったので、実際に利用してみようと思い、このサイトでもテスト動画を張り付けてみました。

動画は先日、家族で花火をやった際のショボく、短いものなのですが、企業のサイトとかで、YouTubeの動画を埋め込んでいるものを見ると、終わったあとに、別の動画の紹介画面になり、自分にあったものだったり、お勧め動画が出てくるが、その企業とは関係のない動画だったりが出てきて、気になっていました。

Vimeoなら、お勧めで同業他社の動画が出てきたりすることもないので、サイト管理者から安心かなぁと感じました。また、企業の動画でも、内部のみで共有したいものの、サイズが大きすぎて、シェアが面倒な時に動画をYouTubeにアップして、限定公開でURLをシェアしていたりするかもしれませんが、このURLが外部に漏れれば、内容もみられてしまう。

また、一般向けではなく、取引先だったり、一部のお客様のみの動画を限定公開状態で共有すると結局、そのURLが同業他社に知られてしまうと、見られてしまったり…。

このような場合は、Vimeoであれば、特定のドメインのみからのアクセスに制限し、専用のサイトを作ることによって、その専用サイトへログインしなければ中身が見られない。専用サイトのログイン情報をお客様ごとに割り振れば明らかに漏洩したい歳のID,パスワード(ログイン情報)を確認すれば調べることができる。

もしくは、お客様ごとに割り振った専用のマイページみたいなところからであれば、マイページのログイン情報も一緒に漏洩することになり、YouTubeよりも制限をかけて公開できるんじゃないかと思います。

容量や回線の太さが自前サーバでなんでもできるような大企業であれば、このようなサービスを使うこともないとも思いますが、そんなことができる会社は一部に限られていると思います。動画も次々とアップしていけばすぐに容量は大きくなってしまいますし、一度に多くの人が視聴するとすぐに回線がパンクしてしまいます。

ほとんどの企業にとってこのようなサービスを利用した方が良く、すぐに使ってみようと思いえる、YouTubeは素晴らしいですが、細部までこだわろうとすると、様々なサービスを調べてみる必要があると思います。

企業のサービスの一つとして利用するようであれば何の問題にならないと思いますが、Vimeoのサービスを使いこなすためには、有料登録をするべきという点です。

有料料金の一覧は下記リンク先で一覧があります。

https://vimeo.com/upgrade

最安でも700円から利用できるので、企業などの利用であれば簡単に導入できますし、個人での利用も可能な範囲だと思います。