【悲報】Google Photoが無制限サービスの終了

スポンサーリンク

大変、残念な話ですが、Google Photoの無制限利用が終了とのことです。

Google Photo

今までは、写真のアップロードの容量の制限もなく、ドンドンとアップロードしていましたが、これからはそうも行かなくなります。

 いつからGoogle Photoを利用していたのか…。ずっと、写真はバックアップされているので、一番古いものは2008年のものがアップロードされています。長きに渡って、無料でいくらでもバックアップをしてくれていた、Google Photoが2021年5月末日を持って無料でのバックアップを終了するとのことです。6月からはGoogle Driveの容量に加算されていくということです。

 今までバックアップしたものは対象外ですが、6月以降、Googleへ写真をバックアップするには、Googleのアカウントに紐付いているGoogle Drive(G-mailやGoogleドキュメントなどと一緒)にカウントされるそうです。

 僕の場合、結局、Google Driveは100GBを借りているのでまだまだ先まで持ちそうですが、画像を気軽にバックアップしてくれるGoogle Photoは大変ありがたい存在でした。

 iPhone6Sを利用していたときは、容量が16GBを選択していたので、動画や、写真の容量がネックになっていました。気になるアプリをドンドンインストールすると、容量が足りなくなってしまい、画像や動画が撮影できなくなることもままありました。

 そのため、Google Photoにバックアップし、不要な画像はドンドン消しています。iPhoneSE(第2世代)を購入した際に、128GBの機種しかなく、なくなく高いお金を払って購入しました。おかげで画像・動画で容量が食いつぶされる心配がしばらくはないと思います。動画も時々撮るくらいですが、全く気になりません。

 過去の写真はGoogle Photo以外にはまとめてバックアップしておらず、スマホの中身を削除していたり、古いパソコンの中だったりと、やはり、ローカル(自分で)バックアップをしておく必要性があると思った方も多いかもしれません。

 Google Photoの良い所は、無制限にバックアップできる所だけではなく、人物ごとや、場所ごとなどカテゴリごとに分類をしてくする機能があります。子供の写真を時系列で見れてとても便利な機能です。自分でバックアップをしていくと時系列での保存となり、写真の枚数が多ければ多いほど、カテゴリごとに分類していくのは至難の技です。

 また複数の写真を利用して、アニメーションやコラージュといった機能もあります。以前は、かなり頻繁に勝手にアニメーションなどを作って表示をしてくれていましたが、最近は自分でやらないといけないようになったようですが。

 自前で写真・動画のバックアップ環境を作ろうかとも思いましたが、便利な機能もあるので、しばらくはこのまま使います。僕の場合は運良く?、100GBまでの有料版も契約していますので、まだまだ一般的な個人利用であれば十分使用に耐えてくれると思います。

 大容量のHDDを用意したり、スマホからもバックアップできる環境を作るとすると投資もかかるので、今の環境をしばらく続けて行き、バックアップの環境はネットワーク上にしても、ローカル上にしても費用がかかることを前提に考えなければならないということを頭に入れて、今後、検討をしていきたいと思いっています。